初めての家の新築

私達が住んでいたのは、昔祖父が住んでいた家なのです。だからかなり古くて、今にも壊れそうだったのです。でも何とか我慢して住んでいました。

でも父がしびれを切らしたのです。何度も床が抜けて、父はひどい目にあったからです。私は階段を踏み抜いてしまった事がありました。でも我慢してきたのです。

父が重い腰をあげて、家を建て替えると言いました。その言葉を聞いて、私も母もとても嬉しかったのです。そして新築された家に住むようになったのです。とてもきれいです。以前みたいに、雨もりがする事はありません。

今までなかった私の部屋までできたのです。これで、もう父と母と一緒に寝ないでもいいのです。とても嬉しいです。

家が新築になるって、こんなにも心地良いのです。ずっと古い家だったので正直、ここまできれいな新築の家には落ち着きません。でもこれからずっと住む家だと思うととてもワクワクしてくるのです。今ではそうではないですが、あの時はずっとそう思っていました。