出来上がっていくところに感激しました

私が新築を購入した時に思ったことは、新築が出来上がっていくところを見た時に、とても感激をしたと言うことです。

その時、初めての自分に家をつくるとなった時だったので、その家つくりを身近で見ることができて、よかったと思っています。

私の場合は、新宿を購入したところの近くに引っ越しをしていたので、その建てるところを身近で見ることができたのです。

大工さんとの話をすることができて、夢のようなひと時でした。

自分がこのようにしたいと思っていた箇所が出来上がっていく度に感動をすることができていました。

それは、自分が描いていた内容に付いて、目の前で確認をすることができると言うことは、何よりの幸せだと感じることができたのです。

そのため、新築を購入したそばに引っ越しをして見ることができたことを、とてもよかったと思っています。

新築は、自分の家が出来上がっていくところから、夢を持つことができます。

そのことを実感できて、その時から幸せな気分を味わうことが出来ました。