子供たちの笑顔を忘れることができません

私の場合は、新築を購入した時、注文住宅としていたので、家族全員でその部屋の細部に至るまで、家創りをしたのです。

そしてその家つくりには、当然のように子供たちも参加をすることになっていました。

その時、子供たちは自分の部屋が出来ることを、とても喜んでいました。

それまでは、自分の部屋がなかったからです。

そしてどのような間取りにするのか、カーテンの一つに至るまで、子供たちの意見を取り入れながらつくることにしたのです。

すると子供たちもとても夢を持って、その部屋作りを行うことができていました。

担当の方と一緒に話す時に、大人と一緒のように夢を持って話をすることができていたと感じたのです。

目が生き生きして、自分たちの部屋作りを楽しんでいるように感じることが出来ました。

そのため、新築の家創りに関しては、家族全員で作ったと言う気持ちがあり、よりその新築に対して、大切にしていきたいと言う、気持ちを持つことができていると、感じています。